サンプル画像

ご当地うどん

うどんうどん屋といえども、イメージは変わってきています。うどんは早く作れてさっと食べれるところから、市場や魚河岸などの周辺でよく食べられ、それこそファーストフードのようだったといいます。早くて安くて、うまい、ですね。ファーストフードというと現代では、代表的なものは、ハンバーガーですよね。毎日食べても飽きないように、ハンバーガーにも様々な種類があり、うどんにも色んな種類が有ります。

うどんに限らず、麺類は縁起の良い食べものだと考えられることが多いようです。中国のある地方では、また韓国の一部の地域で、非常に長い麺を食べるところがあります。長い麺を食べることが長く生きること、すなわち長寿に通づると考えられているからです。ただし長いままでは食べにくいですから、最近では食べる直前に、ハサミで切ってしまって食べる方法もあるようです。

ファイブ 5 Five 北新地 kitashinchiのグルメ情報はこちら

うどんまた、健康に良い食べ物と考えられています。事実、うどんは炭水化物こそ多いものの、脂質は少なく、カロリーのバランスがすぐれている食べ物です。

サクラ SaKuRa 浜町店 旬菜居酒屋のグルメ情報はこちら

うどんあまり腹持ちしませんが、その分消化によく、カロリーがすぐにエネルギーになることから、マラソン等の持久力を必要とするスポーツのみならず、ボクシングなどの瞬発力も引き落とされるスポーツにも最適です。また、糖質は、脳を活性化させる唯一の、栄養素でもあります。ですから、オフィスワークを主体とする仕事をしているビジネスマン等も、忙しい朝にさっと食べられることから、駅やビジネス街周辺の立食いのうどん屋には朝夕の通勤時間や昼休みの合間を縫ってこぞってうどんを食べに来る若いサラリーマン、中年のビジネスマンが沢山います。

うどん都心にお住まいの方だとちょっと想像しにくいかもしれませんが、都市部から離れたら、どこに行くにも車が便利です。大型の駐車場が備わっているスーパーなんかは夏は涼しいし冬は暖かいし、家族連れでおお賑わい。映画館やカフェも充実していることから、カップルのデートコースにまで選ばれたりしています。そんな都市近郊のスーパーに行きますと、フードコート、すなわち販売店がのきを列ねていて、そこで買ったご飯を店舗共有、共同のスペースで食べる方法が良く取られています。ランチタイムには所狭しと人がギュウギュウでご飯を食べているのですが、オムライス、ハヤシライスといった洋食や、ハンバーガー、フライドチキンといったファーストフード、牛丼屋といった早くて安くて旨い強豪に肩を並べて人気の高いのが、うどんです。一見、洋食のようには華々しくは見えず、むしろ素朴なような、うどんは、最近ではその様相が変わって来ています。食べ方は従来ながらであっても、トッピングの妙で彩りも味も見違えるように様変わりします。トッピング別添え、といった商品展開で、大成功を納めたうどんチェーン店も少なくありません。もともとのウリは、お客様がセルフサービスでトッピングをすることでコストカットし、価格を抑えてお客様に還元する、というのが狙いだったのでしょう。そのことのみならず、お客様は、トッピングで広がるうどんの美味しさの広がりを楽しんでいるように感じます。

うどんの麺は小麦粉、特に薄力粉・中力粉を使って作られます。生地を作る時には、塩を少しふってしめています。

食塩の取りすぎが気になる人もいるでしょうが、生地の塩分はほとんど茹でると麺から溶け出してしまうので、ご心配なく。

かつて沖縄そばは、そばの名称を使うことができなかったことをご存知でしょうか。一般的に馴染みがなかったことから、消費者に誤認される恐れがあったため、と言われています。同じ理由から、今でも、当然のことながらうどんのことをソバと言って売ることはできません。しかしながら、一般消費者に誤認されないので、うどんのことをひやむぎ、そうめんといった名前で売ることもあるようです。

また、うどんは、お手軽な庶民の食事として愛されています。腹持ちもいいので、お昼ごはん、夜ご飯に、ごはんの代わりに食べられることもあります。また、長い麺は、お祝いがあったときに、振る舞われる食べものとして、各地で食べられています。

うどんのつゆ、ご家庭ではストレートタイプのペットボトルに入ったものを使っている方も多いのではないでしょうか。少し前には粉末タイプでお湯に溶かして使うものや、瓶入りの濃縮タイプのものも良くみかけました。うどんの汁は地域によって味が大きく異なり、西日本では、昆布、鰹節、煮干などで取った出汁を使います。色は薄く、淡口醤油を使ったものが多いでしょう。一方、東日本では、昆布、鰹節の出汁が用いられることが多いようです。

茹であげた麺は、ほかほかの湯気とともに、うどんのつゆ、各地で味も見た目も大きく異なりますが、これを張ったドンブリに入れてだされます。

うどんうどんは、地域や時代によって調理法、ゆで方や味のつけ方や、乗せる具材、かまぼこや肉、油揚げなどがありますが、こういったものがが違います。

今でこそ、工場で作られたうどんがパックに詰められ、スーパーに並んでいることから家庭でもお手軽に食べられるうどんですが、昔はそうではありませんでした。古くから伝わる作り方としては、麺棒で生地を平らに広く伸ばしてから切るか、細く丸めた生地を握って引き伸ばすようにして作られました。うどんの中でも、細い麺のものを細うどんとよぶことがあります。

手延べうどん、手延べそうめんというのをよく聞くことでしょう。小麦粉と食塩、水をよく混ぜて、強く練った生地に粉をふります。この粉は、でん粉や小麦粉です。油を塗って、手延べします。手延べとは、よりをかけながら引き伸ばすことをいいます。最後に、熟成させながら乾燥させます。

また、ご家庭では、乾麺もよく使われるでしょう。こういったうどんには、太さには、規定があるそうです。すなわち、長径が1.7mm以上のものを、うどんとしています。

うどんうどんと冷麦、そうめんはイメージとしては、太いのがうどん、細いのが冷麦、そうめんといったところでしょう。これを厳密に規定する法律は細かいようで、ここでは割愛したいと思います。

小僧 じぇいや 居酒屋のグルメ情報はこちら

関連リンク